一般社団法人 川崎町観光協会

川崎町の景色

イベントレポート

■2012年イベントレポート

 

川崎ゑびす祭り

ゑびす祭り


商売繁盛!家内安全!を祈願して、商店街にある恵比寿神社にて川崎ゑびす祭りが12月8日(土)に開催されました。
お祭りは神事から始まり、くじ引きや福袋、カレーやぜんざいなど様々なお店が出店し、祭りを楽しむたくさんの人々で大いに盛り上がりました!

※写真はクリックで拡大します。

 
 

秋の収穫列車「みのり号」

みのり号

JR日田彦山線、小倉駅から勧游舎ひこさん駅までの沿線地域で収穫された地元特産品を楽しんでもらうための、秋の収穫列車「みのり号」が11月23日(金)に特別運行されました。川崎町では池尻駅に15分間停車しました。池尻駅には昔の町並み写真を展示し、加工部のジャムや、秀峰園のポンせんべい、キッチンタカセのご飯に合う料理、花のれんのおはぎ、安藤商店の味噌などを販売しお客さんに喜んでいただきました。

※写真はクリックで拡大します。

 
 

ふくおか町村フェア

10月27日(土)と28日(日)の二日間、天神中央公園で町村フェアが開催されました。
初日は川崎名産のジャムやおはぎ、ポンせんべいなどを販売。
二日目は香壺カレーが出店し、たくさんのお客さんで賑わいました。
ステージイベントではご当地アイドルグループ「QunQun」のほか
田川から炭坑節の語り部さんや田川ミュージックボランティアさんが活躍していました。
最後は福岡県知事の小川さんと記念撮影!

※写真はクリックで拡大します。

 

B-1グランプリ in 北九州

10月20(土)、21日(日)北九州でB-1グランプリ開催。
初日21万、2日目約39万 約60万人以上もの人で賑いました。
川崎町観光協会では田川市と赤村と合同でお土産コーナーを出店し、
地元の特産品を販売しました。

※写真はクリックで拡大します。

 

筑豊フェア2012

筑豊地域の食や文化を知ってほしいと、
今年で5回目の筑豊フェア2012が10月7日(日)
に天神中央公園であり、家族連れらで賑わいました。
直方・鞍手、嘉飯、田川の3エリアに分かれ、
まちおこし団体や道の駅、高校など32店舗が出店し、
特産品の野菜や果物、菓子、B級ご当地グルメなどを販売しました。
各団体のゆるキャラたちも登場し、記念撮影をする人も目立ちました。

※写真はクリックで拡大します。

 

安宅彼岸花まつり

9月23日(日曜日)に安宅で彼岸花まつりが開催されました。

今年もウォーキングを楽しむ人や綺麗に咲いた彼岸花を見物するためにたくさんのお客さんが集まりました。ウォーキングコースはDe・愛から彼岸花群生地までの往復12km。天候にも恵まれ気持ちのいいウォーキング日和となりました。安宅交流センター周辺では地元食材を使ったお弁当や物産品などが販売されました。観光協会では古民家カフェを出店。しそジュースとジンジャーエールを販売し、ウォーキングで疲れた人達に憩いの場を提供しました。安宅の景色を見ながら楽しくウォーキングできるお祭りでした!是非来年もお越しください。

※写真はクリックで拡大します。

 

かわさき町盆踊りまつり・花火大会

photo01_bon.png今年で2回目の「かわさき町盆踊りまつり・花火大会」開催

18日本町商店街で盆踊り祭りが開催されました。

午後13:00からドキュメンタリー映画「小梅姐さん」映写会(駅前空き店舗にて)を3回に分けて上映し、昭和の写真展示会も行いました。
年配の方々は懐かしいと喜び、1回だけじゃもったいないと、2回映画を見る人もいました。

また祭りに合わせて、町内園児が描いた「夏祭り」や「花火大会」、「盆踊り」の絵を、商店街のシャッターを借りて展示。
盆踊り開始30分前くらいから徐々に人が集まりはじめ、19:00からは盆踊りを楽しむ人々で溢れ返り、商店街は歩行者天国になりました。
どこの地区も1年に1度の祭りを楽しんでいました。中でも米田地区の傘踊りは必見!
最後は全地区の人が集まり、赤坂小梅さんの歌う炭坑節で締められました。

19日はB&Gで花火大会が開催されました。
福岡天神などで路上ライブが好評のKinuyoさんのLIVEあり、たくさんの夜店も並び、会場はお祭りムード!
2700発もの色とりどりの美しい打ち上げ花火、3台の仕掛け花火が川崎町の夜空を彩りました。

※写真はクリックで拡大します。

 

と殺ワークショップ

photo01_work.png7月28日に安宅交流センターで、福岡テンジン大学の方々が来て、解体から調理までの全てを自分たちで体験すると殺のワークショップが行われました!通常はニワトリで授業をするそうですが、今回は片桐先生が飼育しているアイガモを使用しました。血抜きする人や、暴れないように押さえる人など役割分担してと殺を開始。開始前とは明らかに空気が変わり、皆真剣に取り組みました。その後シェフの方と一緒に解体方法を教わり、昼食。とても美味しい料理で、香りが印象的でした。最後にディスカッションをして、それぞれと殺ワークショップについての意見を発表しました。「いのち」と「食」に対する意識が変わる、とても良い授業でした。

<と殺の手順>
・鍋にお湯をわかす
・お湯をわかす間、鳥さんと触れ合う
・お湯が湧いたら、アイガモを捕まえる

・アイガモを殴って気絶させる
・首を落とす
・米袋に入れて、血抜きする
・お湯に入れる
・ビニール袋に入れて蒸す
・羽をむしる 
・産毛をあぶる
・解体

※写真はクリックで拡大します。

 

かわさきパン博

photo01_pan.png川崎町観光協会の設立を記念し、川崎町町民会館でパン博が開催されました。
31店舗のパン屋さんやコーヒーショップなどが川崎町に集まり、販売をしました。
11時のオープン前にはすでに会場の外には長蛇の列ができ、オープンとともに会場内の各店舗にはパンなどを買い求めるお客さんが殺到。
1万個ほど準備していたパンが約2時間で売切れ、パンを焼きにお店に戻るパン屋さんも見られました。

かわさきパン博にご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。
約5000人という予想を大幅に上回るご来場があり、早い時間にパンが売れ切れてしまい、お買い求めになれなかったお客様が多数いらっしゃいました。大変もうしわけございませんでした。
多くのお客様から「またやってください」と嬉しいお声をいただいています。
次回の開催は未定ですが、ご感想をもとによりよいパン博にしていきたいと思います。

川崎町観光協会事務局

※写真はクリックで拡大します。

 

春の感謝祭

photo01_pan.png平成24年4月29日に川崎町農産物直売所「De・愛」で春の感謝祭がありました!
唐津の道の駅「桃山天下市」が出店。
新鮮な海の幸が届きました。サザエやイカをその場で楽しんでもらえるように七輪も用意。
ぜんざいと小松菜ジュースの無料配布や、昭和の名車の展示会などさまざまなイベントが盛りだくさんの1日でした。

川崎町観光協会事務局

※写真はクリックで拡大します。

                                                                                   

                                              » 最新のイベントレポートはこちらから

                                              » 2013年のイベントレポートはこちらから

sidebanner_02.png

sidebanner_03.png

sidebanner_04.png

川崎町観光協会会員ページ川崎町公認ショップ 小梅屋